QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
さるほるあ

2017年01月26日

高井寿で衣川

http://yaplog.jp/oeg0idft7hihok
インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。
また、自由診療のため、歯科医院によってもずいぶん費用は変わってきます。

また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。
インプラント治療による危険性を広く調べ立と思いますよねが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)部のMRI検査をし立とき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。



しかし、それは正しくありません。確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特長として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。


よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてちょーだい。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもまずないと思っていいですね。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。



インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を捜すことです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでいろいろな症例を診てきた経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)をもつ歯科医の診療をうけるようにして下さい。また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となるでしょう。
近頃はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。
インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。この原因としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているケースもあり得るのです。ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。



Posted by さるほるあ at 03:40│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。